Uncategorized

WPS Hide loginをインストールしたらWord Pressにログインできなくなった時の対処法

Word PressにログインするときのURLを変更できるプラグイン「WPS Hide login」。

自分の好きなURLに変えられるお手軽なプラグインで、先日わたしもインストールしたが、不具合なのかログイン画面が開かなくなった。

何とかログイン画面が開くように復帰する方法を調べて、対処できたので今回はその解決方法を紹介する。

もし、私と同じ状況の人がいたら試してみてほしい。

対処法

1.サーバーのFTP(ファイルマネージャー)を開く

まず、Word Pressを設置しているサーバーのドメインファイルを開く。(私の契約しているサーバーはConoHa WINGだが、XSERVERやロリポップ!なども同様だと思われる。)

2.サーバー上でプラグインを無効化させる

次にサーバー上でプラグインの設定を変更して強制的に無効化させる。

FTP(ファイルマネージャー)を開いたら、「public_html」「自分のブログのドメイン」「wp-content」を順に選択する。

「wp-content」を開くと「plugins」フォルダが選択できるようになる。ここで「plugins」のフォルダ名を変更する。(例:pluginなど)

フォルダ名を変えることにより、プラグインを無効化できる。

3.Word Pressにログインする

プラグインを無効化したため、Word Pressにログインできるようになる。

ログインには、(自分のブログURL)/wp-adminでログインできる。

ログイン出来たら、WPS HIDE loginを無効化する。また、全部のプラグインが無効化されるため再設定をする。

まとめ

今回は、プラグインのWPS HIDE loginによってWord Pressにログインできなくなってしまった時の対処法を紹介した。

もし、私と同じような症状になってしまった人がいれば、試してみてほしい。

それでは。